読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職で失敗した東大生が挫折を乗り越える話〜就職できない東大生のリアル〜

就職で失敗し、挫折した東大生が日々もんもんと考えたことを書いたブログです。国家公務員志望でエリートコースを歩む→上手くいかず人生に行き詰まり、一転負け組に→切り替えて民間就活を始め、ITベンチャーに内定、社会にもまれ生きて生きる決意をする、そんな東大生のリアルなつぶやきです。

東大生の勝ち方から個人としての勝ち方を目指して…

 この投稿では、一般的なエリートと独立して成功している人の勝ち方の違いについて、考察したことを書いてみたいと思います。

 

 また、今回は宣伝も兼ねているので、読んでみてよかったと思ってくださった方は、文末のURLをクリックしてリアクションをいただけると幸いです。

 

 もう既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はTBSの「好きか嫌いか言う時間」というテレビ番組に出させていただいておりました。それを通じて、日頃関わっている東大エリートの方々とは、全く異なるタイプの方々とコミュニケーションをとる機会に恵まれ、さまざまな気づきを得ることができました。

 

 その中でとくに印象に残ったものが、一般的なエリートとテレビに出るような方々との勝ち方の違いでした。

 それは、ひとことで表すと、”同じ”で勝つか、”違い”で勝つかということでした。エリートとは、どういう人間でしょうか?なんとなくすごい人、という風に感じると思いますが、社会的な構造から洞察してみると、ある社会における統一された価値基準に沿って勝ってきた人々と捉えることができます。例えば、東大生とは、学校という社会システムの中で、勉強という統一された基準において勝ちをおさめてきた人間です。つまり、同じような人の中で同じようなやり方で勝つということがエリートの前提なのです。官僚や教師が画一的な考え方を取りがちと言われる所以はここにあります。通ってきたルートも、勝負のルールも同じなのですから、似たような考え方に偏ってしまいがちなのは当然です。ちなみに、スポーツエリートや芸術エリートも同じような原理だと思います。

 

 一方で、テレビ業界で勝つためには、同じルートである必要も、同じやり方である必要も全くなく、むしろ人との違いが威力を発揮します。もちろん、ジャニーズや吉本など(あまり詳しくは知りませんが)、学校に通うのと同じように、ある程度統一された訓練を受けて突出してくる芸能人もいます。しかし、それと同じくらい、全く関係のないルートから勝ち上がってくる人もいます。例えば、学校にも行かずに、芸能事務所に所属して、個人的にプロデュースしてもらって仕事を取ってくる人がいます。それまで全く関係のない仕事を転々としてきた中、偶然テレビに出てブレイクした人もいます。本業の傍らで、顔を売るために積極的にテレビに出ている人もいます。いずれにせよ、どの人も一般的なエリートのように、人と同じような正統とされるルートで勝つのではなく、個人として人との差異を活かして勝ってきているということが言えるでしょう。そのため、こうしなければならない、ああしなければならないと周囲の顔色を伺うこともなく、皆さん自由で大胆に生きています。ちなみに、私の就職するベンチャーの社長をはじめとする、起業家の方々も、こちらの原理だといえるでしょう。

 

 私は、どちらの勝ち方がよいというつもりはありません。ただ、人生に勝つためには、両方の要素が必要なのではないかと最近感じるのです。決められたルートに沿って他者と競争する中で成長できること、気づけることもたくさんあります。しかし、それだけでは行き詰まってしまうこともあります。人と比較しないで自由に個性を伸ばすことで生きられる人生があります。しかし、それだけではたどり着けない境地もあります。結局、両方をバランス良く兼ね備えながら、自分の納得出来る人生を歩んでいく、そういうことが大切なのではないかと思うようになりました。

 

 ところで、今まで自分がやってきたのは、当然ながら前者の勝ち方です。しかし、自分は、これまでの人と同じ基準の中で勝つやり方から、個性を伸ばして人との差異で勝つやり方にシフトしていきたいと考えています。東大生は、所詮学歴に依存しているだけ…。そんな風に言われてしまう状況から、学力を武器に変え、1人の人間として自立していく、そういう人間になっていきたいのです。勉強が評価されなければ何もできない、そういう弱い人間で終わりたくはありません。そして、そのためにはどんどん挑戦して変わっていかなければなりません。

 

 現在、私はITベンチャーに就職が決まり、これから自立して仕事をしていける人間になるために、高島屋さんのバレンタイン企画プロモーションのお仕事に取り組ませていただいています。1/26-2/14まで、新宿高島屋さんでは、Lineおともだち企画を行っており、高島屋さんのLineを友達に追加していただくと、無料でメッセージクッキーを受け取ることができます。このLineのお友達登録を増やすことが私のミッションとなっています。

 もとが公務員志望ですし、わからないことばかりなのですが、学歴という枠に依存せず、個人として自立した人間となるために、一歩一歩挑戦していかねばならないと思っています。そして勉強ゴリ押しではなく、ひとりひとり縁を築いて進んで行く、そういうことができるようになったらいいなと思って取り組んでいます。

 

 それなので、もし、この文章を読んでいいなと思ってくださった方がいたら、下記のURLにアクセスまたは、QRコードを読み取っていただき、新宿高島屋さんをLineのお友達に追加していただけたら嬉しいです。(たとえ文章が気に入らなくても、甘いものが好きな方は登録をしましょう笑!)

 また、お時間の許す範囲で、ご自身のSNSやLineグループで当URLをシェアして、お友達登録を増やしていただけると幸いです。

 

 http://ad.eqsv.jp/c/?guid=ON&n=DQWO&mid=g0l9

(※アプリからで開けない場合は、1度ネット上で開いてからクリックをお願いいたします)

 

f:id:fukudamariko:20170202230117p:plain

  文章が長くなってしまい、後半は宣伝となってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました!!

 今後とも一味違った個性のひかる文章を投稿してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします!!

 

f:id:fukudamariko:20170202233312j:plain