読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職で失敗した東大生が挫折を乗り越える話〜就職できない東大生のリアル〜

就職で失敗し、挫折した東大生が日々もんもんと考えたことを書いたブログです。国家公務員志望でエリートコースを歩む→上手くいかず人生に行き詰まり、一転負け組に→切り替えて民間就活を始め、ITベンチャーに内定、社会にもまれ生きて生きる決意をする、そんな東大生のリアルなつぶやきです。

就職先決定のご報告をかねて… 〜私の就活に霊能者が必要だった3つの理由〜

お久しぶりです。

就職活動に進展があったのでご報告させていただきます。

先日、内定をいただき、就職先が決定いたしました。エージェントさんの仲介により、よいご縁に巡り合い、ITシステム系のベンチャーに内定をもらいました。

もともとの専攻とは全く関係のない分野でしたが、会社と社長さんと価値観が合ったため、面接を進むことができました。面接ではビジネスの知識よりも、これまで何を頑張ってきて、どういう人間になりたいかが重視されていたため、私のような不器用で見栄えが悪い人間でも受け入れていただけました。

 

就職活動をするにあたり、多くの方々から応援のメッセージやアドバイスをいただき、大変嬉しく勇気付けられました。ありがとうございました!!

 

ここで、就職活動が一旦落ち着いた機会に、私が就職活動において用いた「霊能者に相談する」という特殊な手段について、一筆書かせていただきたいと思います。

突拍子もない手段ではありますが、自分の中では大変まっとうな理屈のもとで成り立っているものであり、それがなければ、多くの方々から応援メッセージをいただいたり、魅力的な企業さんから内定をいただいたりすることはできませんでした。

 

よって、なぜ、私は東大生でありながら、就職活動に霊能者を必要としたのか、以下、その3つの理由を説明させていただきたいと思います。

 

①ITベンチャーという結論が、既存の自分の経験からは全く予測のできないものだったということ。

 これまで私は学校教育という枠の中で、ひたすら勉強で勝って上を目指すという道を選んで進んできました。そして、勉強ばかりに時間を投資することにより、コミュニケーションの時間も必然的に減り、一層自分には勉強しかないのだと思い込むようになりました。そんな自分にとっては、公務員が最も妥当な選択肢でしたし、当然のように親をはじめとする周囲もそう考えていました。しかし霊能者の方は、勉強しかできないと枠に閉じこもる方向ではなく、どんどん人と関わる方向を目指すようにとおっしゃいました。(実は、正確にいうと、おっしゃったのは、霊能者の方を介した、私の守護霊様なのですが…)それにより、私は既存の行動パターンにとらわれず、新たな方向を目指してチャレンジをし、思ってもみないような多くの出会いを得ることができました。

 

②挫折が重なって、誰の言葉も信じられなくなってしまったこと。疑心暗鬼になっていたこと。

 勉強を重ね、学問を深めることにより、この世に完璧に正しいものはなく、結局のところ、社会では権力者や勝者の言葉が正しいとされていると考えるようになりました。社会とは、ある価値基準の元に人々が集まったものであり、その中心となる人が正しいと主張することに従って動いている、そういうものだと思うのです。

また、周囲が優秀な人達ばかりであることで、正しいかとか、努力をしているかとか、人格者であるかなどは意外と関係なく、結局器用な人が勝っていくのだと感じるようになりました。というのも、東京大学ともなると、もはや努力をするのは当たり前で、生まれもった能力と運が大きく差をつけていくようになるからです。そこで私は、不器用な自分が、周囲の器用で優秀な人のいうことを聞いて同じように努力しても、同じように上手くはいかないのだと気が付きました。どんなに素晴らしい人でも、やはり自分の経験や立場に従ってアドバイスをするので、限界はあります。だから人間を超えた存在からの助言が必要だと考えたのです。

 

 ③生きる意味がわからなくなったこと。

 これは時代の影響が大きいと思います。高度経済成長の時代は、ひたすら頑張って生産していれば、それに伴って成果が出て、わりと努力が報われていく時代だったと言われています。しかし現代ではグローバル化や情報化が進展し、これまでとは社会のあり方が大きく変化しており、それにより人々の生き方も変化しています。そして、既存のルールがだんだん通用しなくなってきて、世の中全体が先を見通せず不安定になっているのです。だから、既存の体制に安心して乗っかっているだけでなく、自分で自分の生き方を考えなければならない時代になったのだと思います。

 ただそのとき、私の場合は、学問を追究することで、ニヒリズム的な、確固たる正しいものなんて存在しないというような考えに至っていたので、自分の強みであるはずの理性の力で、正しい生き方を導き出すことができませんでした。他にも合気道をやっていたため、武道・戦いという価値基準もありましたが、それもただそのとき勝った負けたということに過ぎないと感じ、負けの多い自分では、そこに楽しさを見い出すことはできないと思いました。その状況下において、国家公務員になるという目標が自分の中で崩れたとき、本当に何のために生きているのかがわからなくなりました。だからこそ俗世を超越した視点を求めました。結果的に私は、霊能者の方から魂という観点からの助言をいただき、人間は生きているから生きるしかないのだと納得し、これからまた頑張って生きていこうという勇気を出せました。

 

これで3つの理由は以上となりますが、最後にひとこと加えておきたいと思います。確かにスピリチュアルは使い方が難しく、下手すると占い依存症のようにどうしようもないことになってしまうということです。私のように人生が行き詰ってしまった人は、やはりどこか間違った方向性でやってしまっているわけなので、スピリチュアルをやると、既存の自分を否定されたり、望んでいることとは違うことをやるように言われたりします。しかし、それを完全に信頼して頼りきり、これまでの自分を見失ってしまっても上手くは行きません。程よいバランスの中で新たな自分を見つけていく必要があり、大変な試行錯誤がいりました。

 

3つの理由については以上、となります。

貴重な内定をいただくことができ、現在は大変ほっとしたところです。しかし、内定先がベンチャーであることなどから、親が猛反対をしており、これからも辛い日々が続きそうでもあります。

何はともあれ、応援してくださった方々には大変感謝しております。

 

長文失礼しました。